40代になるとなぜバストが崩れやすい?その原因について

40代でバストが崩れやすい原因は?

バストの断面図

 

バストのほとんどは脂肪で、乳腺とクーパー靭帯という網目のような組織からできています。

 

バストはセックスシンボルのように見られがちですが、本来の目的は生まれた赤ちゃんが丈夫に育つように、十分な母乳を与えるための器官です。

 

 

授乳経験のある女性は、乳房を支えるクーパー靭帯がある程度伸びるのは、ある程度仕方がないこととも言えます。
また重力の法則によって年齢を重ねるごとにバストの脂肪が、脇や背中に流れるのも自然の摂理なのです。

 

考えてみると、体のほかの部位と比べ、バストは出っ張っているので、崩れやすいのは当然かも知れませんね。

 

 

女性の体は20代後半ごろから徐々に老化しはじめ、30代後半から40代にかけては特に変化が感じられます。

 

よく40代が老化のはじまりのように言われますが、もっと若いうちからバストラインもウエストラインも、ヒップラインも崩れかけているのです。

 

 

ただ、多くの人が40代頃に寝転ぶとバストが左右に流れるのに気づいてショックを受けたり、着替えの際に元気がなさそうに乳頭が下を向いているのを見て、若さが失われて行く焦りを感じてしまうのです。

 

 

少しでも早いうちにナイトブラをつけて就寝する習慣をつけておくことで、バストラインを美しく保つことができます。

 

年齢によるボディラインの変化はある程度仕方がないことですが、少しのサポートを惜しまないことで、老化を遅らせることができます

 

バストラインの乱れに気が付いたときが、ナイトブラの着け時かも知れませんね。

 

 

 

女性ホルモンの減少について

子宮

 

女性ホルモンは30代をピークに減少しはじめ、閉経が近い40代の後半では女性ホルモンの分泌が極端に少なくなってしまいます。
更年期障害と言われる様々な症状が表れるとともに、体も大きく変化していきます。

 

女性ホルモンは女性らしさを作り出しているので、減少してくるとヒップが下がり、ウエストはもたつき、バストは垂れてきます

 

 

バストラインを保つには、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを適量摂ることをおすすめします。
食材としては、大豆、納豆、豆腐、豆乳、ゆば、きなこ、あげ、おからなどがあります。

page top